ミックのブログ、ゲーム雑記

Just another WordPress site

漫画

「逃げるは恥だが役に立つ」再放送されていたので原作漫画レビューしてみた。

投稿日:

「逃げるは恥だが役に立つ」がテレビで28日と29日でテレビドラマ全11話が再放送されていたので、原作漫画も気になって1巻から9巻までを一気読みしてみました。

自分の感想として結論はめちゃくちゃ面白いし、考えさせられる内容だなとも思いました。そして当ブログはあくまで一個人の感想です。

漫画の内容に関しては、自分の拙い文章で紹介するのは、恐れ多いので自分が感じて、今後の生活にどう生かしていくのかという観点で語りたいと思います。

主人公のみくりさんが平匡との関係で問題が発生したときに、何が問題なのかを因数分解と称して気持ちの整理問題の明確化を図る場面があるます。

人生において問題は何度も起こりうる事象だと思います。人生の問題として子供も受験勉強、友達とのコミュニケーション 、大人になっても人間関係の問題は何をやっていても付きまとう問題ですし、金銭面での問題は生活をしていくうえで必ずと言っていいほど考える問題になると思います。

漫画では自分の気持ちを何がしたいか、何をしてほしいのかと気持ちの整理をしていき結論としてハグをしたい、ハグすることでの安心感を得ようと説明しています。この方法は先ほど述べた人生の問題に対するアプローチの方法としても役に立つのではないかと思います。

例えば金銭面で問題を抱えているとします。今お金が足りないと感じているもしくは全然貯蓄ができないという場面があったとして、なぜお金が足りないのか、収入がいくらあって支出がいくらあってと、問題を細分化を図ることによって、 収入が足りないのなら副業をして増やす 、もしくは支出がいまどれだけ月に使っているのか、家計簿なんかで管理して支出を減らす努力も、問題解決のアプローチとして出てくるんではないでしょうか?

この方法は現実的な問題に限らず、自分の精神面でのアプローチとしても非常に有用な効果があるといえます。何か悩みを抱えていてどうすればいいんだろうと考えこんだ時、すぐに考えても仕方ないから考えないで動くということができる人ならば、必要ない可能性もありますが何かしら悩んでいるときにすぐに行動できる人はほとんどいないと思います。そういう時に自分はなぜ悩んでいるのか、その悩みを因数分解するという発想は気持ちの整理をするのにとても便利だと思います。自分はなぜ悩んでいるのか、原因を考えて自分がどうなりたいか、周りにどうしてほしいかなど、整理することができたら周りとその気持ちを共有することも非常に精神的に楽になれると思います。

長くなりましたが、漫画から学ぶ人生の問題解決方として記事にしてみました。もちろんこの方法だけで人生が全部うまくいくはずないですし、完璧な方法とは言えないかもしれませんが、こういった方法をいくつか持っておくことで自分の人生を少しでも楽に過ごせたらいいなって思います。

長文で読みにくい部分もあったかもしれませんが最後まで読んでいただきありがとうございました。

-漫画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした